安心して暮らせる社会制度の構築

年金・医療・介護をはじめ、人口と経済の拡大を前提に設計された日本の社会保障制度が、
今、全面的な見直しを迫られています。
将来への不安を払拭するためには、
人口減少社会のなかでも持続可能な制度を描き、
負担と受益を明確に示さなくてはなりません。
税負担、保険料の上昇という痛みをおそれず
時代の変化に対応し得る世代間の不公平感が最小になる制度設計を進めます。